引っ越しの荷物はどう仕分ける?

引っ越しの荷造りが苦手

引っ越しが決まってからすることは荷造りです。 どうしても荷造りに苦手意識を持っている人はいると思いますが、業者に頼んでしまうと費用が高くついてしまいます。 ですので、大体の人は引っ越しの荷造りを自分でされるでしょう。
では、失敗をしない引っ越しの荷造りの仕方として、どういったことをしていけば良いでしょうか?
そんな、引っ越しの荷造りの仕方で、必要になってくるものはダンボールや油性ペン、そして新聞紙やガムテープやはさみです。
まず、ダンボールは大きいサイズのものや小さいサイズのものを用意しておき、小さいダンボールには食器や本などをしまうようにします。

また、引っ越しの荷造りの仕方で気をつけなければいけないのは、1ケースにつき、15キロから20キロを目安に積めていくことです。 どうしても、ダンボールには入るだけ物を入れようとしてしまう人がいますが、あまりにも重いと運ぶのが大変になってしまいますし、ダンボールが破けてしまう恐れがあります。
ですので、引っ越しの荷造りの仕方として、そういったことにも注意しておきましょう。
そして、貴重品に関してはダンボールなどには積めずに、できるだけ自分で管理するようにしましょう。 最後に電化製品に関して、ステレオやビデオの配線など、線に記号をつけておくと、引っ越し後の配線も楽になってきます。
ぜひ、引っ越しの荷造りの仕方を守ってみてください。